メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山形市営野球場

きらやか銀が命名権 スポーツ振興で特色アピール 来月供用開始 /山形

9月に供用開始予定の山形市営野球場=同市落合町で

 新しい山形市営野球場のネーミングライツパートナー(命名権者)について、同市は7日、きらやか銀行(本店・山形市)に決定したと発表した。愛称は「きらやかスタジアム」。全国的な金融再編が進む中で、県内第3位の同行はスポーツ振興を通し、県内での存在感を高める狙いがあるとみられる。期間は9月1日からの5年間で、契約金は400万円。【松尾知典】

 9日に同市役所で、佐藤孝弘市長と粟野学頭取が協定を締結する。市が命名権を期限譲渡したのは「クラレ蔵…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. なるほドリ ICOCAを使える範囲が広がるんだって? /和歌山

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです