メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

植物の低温感知

宇大研究グループが解明 農作物収穫増に期待 /栃木

 宇都宮大バイオサイエンス教育研究センターの児玉豊准教授(38)らの研究グループが、植物が低温を感知する仕組みを世界で初めて解明したと発表した。冬など寒冷条件での植物の育成が改善する可能性もあり、今後の研究次第で農作物の収量増加を期待できるという。研究結果は米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

 研究グループは、葉緑体が温度によって細胞内での位置を変える「寒冷定位運動」と呼ばれる働きに着目。低温で光が当たる環境などで細胞内に活性酸素などの…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです