メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

植物の低温感知

宇大研究グループが解明 農作物収穫増に期待 /栃木

 宇都宮大バイオサイエンス教育研究センターの児玉豊准教授(38)らの研究グループが、植物が低温を感知する仕組みを世界で初めて解明したと発表した。冬など寒冷条件での植物の育成が改善する可能性もあり、今後の研究次第で農作物の収量増加を期待できるという。研究結果は米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

 研究グループは、葉緑体が温度によって細胞内での位置を変える「寒冷定位運動」と呼ばれる働きに着目。低温で光が当たる環境などで細胞内に活性酸素などの…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. つくば駅 「クレオ」専門店全8店、営業継続断念 閉鎖へ
  2. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  3. 特集ワイド この国はどこへ行こうとしているのか 平成最後の夏に… 俳優・鈴木瑞穂さん
  4. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです