メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
植物の低温感知

宇大研究グループが解明 農作物収穫増に期待 /栃木

 宇都宮大バイオサイエンス教育研究センターの児玉豊准教授(38)らの研究グループが、植物が低温を感知する仕組みを世界で初めて解明したと発表した。冬など寒冷条件での植物の育成が改善する可能性もあり、今後の研究次第で農作物の収量増加を期待できるという。研究結果は米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

 研究グループは、葉緑体が温度によって細胞内での位置を変える「寒冷定位運動」と呼ばれる働きに着目。低温で光が当たる環境などで細胞内に活性酸素などの…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです