メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

植物の低温感知

宇大研究グループが解明 農作物収穫増に期待 /栃木

 宇都宮大バイオサイエンス教育研究センターの児玉豊准教授(38)らの研究グループが、植物が低温を感知する仕組みを世界で初めて解明したと発表した。冬など寒冷条件での植物の育成が改善する可能性もあり、今後の研究次第で農作物の収量増加を期待できるという。研究結果は米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

 研究グループは、葉緑体が温度によって細胞内での位置を変える「寒冷定位運動」と呼ばれる働きに着目。低温で光が当たる環境などで細胞内に活性酸素などの…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
  2. 近鉄 南大阪線、26日にも再開 橋脚傾き運転見合わせ
  3. 大川小津波訴訟 2審の仙台高裁も石巻市と県に賠償命令
  4. ストーリー 大川小「無念と責任」胸に(その1) 教員遺族、語り継ぐ
  5. 山口メンバー 「世の中騒がせた」涙で謝罪 無期限謹慎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]