メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アングル

谷川杯争奪小学生将棋大会 「藤井四段に続け」対局白熱 神戸市 /兵庫

熱のこもる対局の行方には大人も子どもも興味津々=神戸市中央区の毎日新聞神戸ビルで、黒川優撮影

 史上最年少でプロ棋士になった藤井聡太四段(15)の活躍で将棋界に注目が集まる中、神戸でもこの夏、小学生棋士たちが「藤井四段に続け」とばかりに才能をぶつけ合った。7月29日に神戸市中央区の毎日新聞神戸ビルであった「第20回谷川杯争奪小学生将棋大会」。6府県から集まった62人が熱戦を繰り広げた。

 頭を抱えて活路を探したり、お隣の対局に見入ったり、時には大人のプロ棋士に「参りました」と言わせて喜んだり。子どもたちは素直…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  3. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです