富士登山

全盲の原さん、80歳で3度目成功 仲間や亡き妻へ感謝のはがきを持参 /島根

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
80歳で富士山に登った原益弘さん=富士山で2017年8月4日、原さん提供
80歳で富士山に登った原益弘さん=富士山で2017年8月4日、原さん提供

 難病の網膜色素変性症で全盲になった原益弘(ますひろ)さん(80)=出雲市=が今月3、4日、富士登山に成功した。80歳になった記念の挑戦で、70歳、75歳の時に続いて3回目。出雲に戻った原さんは登山で日焼けした顔で「次は85歳でまた登りたい。今の体力なら、いける」と意欲をみせている。【山田英之】

 登山サポーターや登山愛好家ら計6人で登山した。3日に5合目から登山を始め、8合目の山小屋に宿泊。4日に山頂付近に着いて無事下山したという。

 今回の富士登山で忘れられない出来事があった。登りのきつい時に、白い杖を持って歩く原さんの腕をつかんで体を支えてくれた人がいた。台湾からの登山客の男性だった。原さんは「その気持ちがうれしい。思いやりに涙が出た。こんな事があるから登山はやめられない」と話す。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文595文字)

あわせて読みたい

注目の特集