特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

高校生の「原爆の絵」

想像を超える惨状、まだ描き足りない 川崎友貴さん(3年) 県立広島第二中学校(現西区) /広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
広島県立広島第二中学校(現広島市西区)を描いた県立基町高校3年の川崎友貴さん=広島市中区で、山田尚弘撮影
広島県立広島第二中学校(現広島市西区)を描いた県立基町高校3年の川崎友貴さん=広島市中区で、山田尚弘撮影

 原爆投下2日後の1945年8月8日。爆心地から約1・6キロの西観音町(現西区)にあった県立広島第二中学校(現県立広島観音高校)。グラウンドには「遺体収容所」の張り紙があり、20体ほどの遺体が汚れた布団に巻かれていたという。被爆者の浅野温生(よしお)さん(85)が見た光景だ。

 基町高校3年の川崎友貴さん(17)は、…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文352文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集