メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風5号

津野・仁淀川で500ミリ 県内けが人なし /高知

台風の増水で浸かった四万十川の河川敷=高知県四万十市の赤鉄橋下で、真明薫撮影

 ゆっくりと進んだ台風5号は7日午前、県内に最接近し、紀伊半島方面へと抜けた。人的被害などは無かったものの、交通機関などに影響が出た。

 高知地方気象台によると、2日午後6時の降り始めから7日午後4時までの雨量は津野町船戸で549・5ミリ、仁淀川町鳥形山で500ミリなどを記録した。1時間あたりの雨量では▽香美市大栃64ミリ▽津野町船戸47・5ミリ▽仁淀川町鳥形山45・5ミリ--など。

 7日は県内全域で暴風警報が発表されたがいずれも順次解除された。気象台によると、8日以降は天気は回復するという。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. ジャパンライフ立件へ 被害2000億円、元会長ら詐欺容疑 警視庁

  4. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  5. 新型コロナ 新たに10人が感染 確保の155床に115人入院 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです