いじめ

「重大事態」7割経験 8自治体は再調査 都道府県・政令市

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2013年9月のいじめ防止対策推進法施行後、今年6月1日までに47都道府県と20政令市のうち少なくとも7割の45自治体で、いじめ自殺などが疑われる「重大事態」が起きていたことが毎日新聞のアンケートで分かった。教育委員会などの第三者機関が一旦調査したものの、このうち2割近い8自治体で首長が別の第三者機関を設置して再調査していた。いじめと自殺の因果関係が認められないことなどを不服とし、遺族が再調査を求める事例が全国であり、調査体制の見直しを求める首長の意見もあった。(3面にクローズアップ)

 全都道府県・政令市の首長67人にあててそれぞれ都道府県立校と市立校について質問し、福岡県知事と広島市長を除く65人から回答を得た。

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文871文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集