メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

「豊かさ」の本質は自己実現=安部憲明・OECD日本政府代表部参事官

安部憲明・OECD日本政府代表部参事官

 経済協力開発機構(OECD)が日本で注目されるのは、各国ランキングと最近は相場が決まっている。学力調査、格差、勤務環境などに関する統計結果が、他国との比較で一目瞭然となり、国民の関心や危機感を喚起する。これは、等身大の自らの姿を、長短ひっくるめて認識する上で悪いことではないだろう。

 けれども、OECDの真骨頂は公共政策の森羅万象を豊富なデータを駆使して実証的に分析し、効果的な政策提言につなげる論理構成力にある。また、他にない強みとして、成長と分配の調和を保ちながら公平な競争条件を整えるという公共政策の至難の業を、幅広い分野におけるルールや基準の作成と伝播(でんぱ)、各国の国内実施と相互監視という国際協調の循環の中で実現する機能もある。

 そのOECDがいま三重苦にあえいでいる。

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1242文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  2. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算
  3. 1人の女性を物色か 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです