メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東電系列

異業種と提携 見守りサービス・都市ガス卸販売 原発事故コスト巨額、収益基盤を拡大

 東京電力ホールディングス(HD)と、ソニーは7日、スマートフォンを使って外出先から子どもの帰宅状況や留守中の自宅の状況などを知ることができる見守りサービスを提供すると発表した。同日から受け付けを開始、首都圏を中心に当面、数十万件の契約獲得を目指す。

 福島第1原発事故処理に関わる巨額の費用を賄う必要がある東電HDは、電力事業以外にも収益基盤を広げることを目指している。このため、異業種との積極的な提携戦略を進めており、最近では都市ガス卸売り事業や、住宅向けの新たな節電サービス事業にも参入している。

 見守りサービス「おうちの安心プラン」は東電HD傘下で電力の小売りなどを行う東電エナジーパートナー(…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文743文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです