メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

だし入りみそ製造機開発 ノリタケカンパニーリミテド社長・小倉忠さん

苦心重ねひらめき

 ノリタケと言えば、食器の会社というイメージが強いですが、焼成炉などのエンジニアリングや研削・研磨工具といった工業機材なども手掛けています。私が入社した1975年は、まさに会社が事業の多角化を進めていたころ。円高により、輸出が主の食器事業では以前のように稼げなくなり、新規事業の可能性を模索していました。

 入社後に担当したのが、液体同士や液体と粘性のある固体などをむらなく混ぜる「混合機」の実用化です。米国の化学薬品メーカーが、一つの管に通すだけで複数の液体が均一に混ざる画期的な製品を考案し、用途は化学品や食品、紙パルプなどの分野に広がっていました。思い出深いのが82年、あるみそメーカーからの依頼です。

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1184文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです