メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高田守先生の生き物語り

抜け殻の白い糸、正体は

 セミの大合唱に夏を感じる季節になった。公園の木に多くのセミの抜け殻を見つけることができるだろう。実はこの抜け殻、生物の進化がいかに多様かを教えてくれる貴重な存在である。

 現在陸上で生活している生き物はすべて、水中で生活していた祖先から進化した。陸上で生活するためには、空気中から酸素を取り込まなければならない。哺乳類や爬虫(はちゅう)類など陸上の脊椎(せきつい)動物は、肺や皮膚から酸素を血液中に取り込み、体中の血管を通して酸素を全身に運んでいる。私たち人間の血が赤いのは、この酸素を運ぶヘモグロビンというタンパク質が赤い色をしているためだ。

 一方、昆虫は、気管と呼ばれる管を張り巡らせることで、酸素を直接体中に運ぶことに成功した。彼らの血液…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです