メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 岐路に立つ第2外国語 英語のみ必修/アジア言語へシフト

立命館アジア太平洋大学で中国語を学ぶ学生。日本語を勉強中の留学生も多く、授業は英語で行われている

 「大学総グローバル化」の中、語学教育の二極化が進んでいる。第2外国語(2外)を必修から外し、「使える英語」の習得に集中させる動きと、「教養」としての2外から脱し、アジアを中心とした諸言語に力を入れる流れだ。選択言語に手話を加えたり、2外と専門科目を連動させて学習意欲を促したりする試みもあり、各大学が「グローバル化」をどう捉えているかの一指標にもなりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1553文字(全文1733文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 知事、米軍に感染者数公表、一部封鎖求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです