メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラ世界陸上視察 わかりやすかった障害「図示」 東京五輪・パラ組織委 鈴木一弘さん

東京五輪・パラ組織委、陸上競技運営責任者 鈴木一弘さん

 ロンドンで7月にあったパラ陸上の世界選手権で、日本は金2、銀5、銅9の計16個のメダルを獲得した。好成績を収めた裏で、2020年東京パラリンピックに向けた視察の一環で今大会に足を運んだ関係者もいる。東京五輪・パラリンピック組織委員会で陸上の競技運営責任者を務める鈴木一弘スポーツマネジャーに、3年後につながる収穫と課題を聞いた。【岩壁峻】

 今大会は、現在開催中の国際陸連(IAAF)世界選手権と組織委員会を初めて一体化した。鈴木さんは大会…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文970文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  2. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです