メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

日本勢、世界遠く マラソン男女、入賞逃す

 <2017 LONDON>

 【ロンドン新井隆一】陸上の世界選手権は第3日の6日、女子100メートル決勝があり、昨年のリオデジャネイロ五輪銀メダルのトリ・ボウイ(米国)が10秒85(追い風0・1メートル)で初優勝を果たした。リオ五輪で100メートル、200メートルの2冠に輝いたエレン・トンプソン(ジャマイカ)は10秒98の5位に敗れた。

 男子110メートル障害の増野元太(ヤマダ電機)は準決勝で敗退した。女子やり投げは、斉藤真理菜(国士…

この記事は有料記事です。

残り2150文字(全文2369文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  4. エンタメノート 「吉本が悪い」果たして本当か 宮迫さん・亮さんの涙もう見たくない
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです