メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

障害別に見る競技/4 四肢の切断・欠損など 健常者と磨き合う 裾野拡大、強化下支えに

初出場の白馬大会で懸命にプレーする野村HDの選手たち(ネット手前)

 パラリンピックには手足や腕、脚など四肢を事故や病気で切断したり、生まれながら欠損したりと、その機能に障害がある人たちも多く参加する。そんなアスリートが楽しめる団体球技の一つがシッティングバレーボールだ。競技人口の少なさもあり、健常者選手が障害者選手の育成や強化を下支えしている。【飯山太郎】

 7月下旬、長野県白馬村では全国親善交流大会が開かれた。大会は長野冬季パラリンピックが開かれた1998年に始まって今年が20回目で、男子21、女子9チームが参加した。大会の特徴は健常者のみのチームも参加できることだ。9チームは健常者のみ。優勝は男子が千葉パイレーツ、女子が東京プラネッツ女組・黒とパラリンピック代表経験者を擁するチームだった。

 今年の白馬には証券大手の野村ホールディングス(HD)から健常者チームも初めて出場した。同社は2015年10月からシッティングバレーの国内統括団体である日本パラバレーボール協会のスポンサーとなり、昨年は社員が観戦に訪れた。

この記事は有料記事です。

残り1220文字(全文1648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです