メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviライフスタイル

絶対に居眠り運転させない! ドライバーの命を救う眠気探知デバイスに「本当にいい」と興奮する人続出(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

日常的に車を運転している人なら、一度や二度は眠気に襲われてヒヤッとしたことがあるはず。とくにバス、タクシー、トラックといった事業用自動車を運転している人は、居眠りを防ぐために細心の注意を払っていると思います。

 

疲れてなくても高速道路など単調な運転を長く続けると誰でも眠くなるものですが、そんな一瞬のウトウトが悲惨な事故につながってしまうのはみなさんもよくご存じではないでしょうか。

 

そんな運転中の眠気から覚ましてくれるウェアラブルが、「STEER」。見た目は非常にシンプルですが、これが海外で人気を呼んでいるデバイスなのです。

 

寝落ちしそうになったら起こしてくれる「STEER」

20170731_kondo1

キックスターターで開発資金募集中のこのプロダクト、65万円が目標金額だったのですが、つい先日約400万円以上を集めて無事にキャンペーンを終了しています。

 

小さなポケベルのようなサイズのデバイスを腕に装着することで、心拍数と皮膚の電気反応を検知してくれます。「STEER」には、これらを検知するための高性能なセンサーが16も使われているそうです。

 

20170731_kondo5

スイッチを入れるとユーザーの通常の心拍数と皮膚電気反応を検知し、これを基準にして運転中の眠気を測ってくれます。

 

20170731_kondo6

「STEER」は2秒毎に心拍数と皮膚電気反応を測定し、心拍数が下がり身体が眠りモードに入ろうとしていることを検知すると、強いバイブレーションと黄色いライトでユーザーに「眠くなってますよ!」と通知してくれるというもの。

 

20170731_kondo7

そこからさらに心拍数が下がり、皮膚の電気反応も減少し始めるといよいよ居眠り運転の危険性が出てきます。そうなると「STEER」は微弱な電気ショックでユーザーを起こしてくれます。

 

FireShot Capture 77 - STEER_ Wearable Device That Will Not L_ - https___www.kickstarter.com_projec

この刺激によって身体のセラトニン、ノルアドレナリン、コルチゾールレベルが上昇し、睡眠ホルモンであるメラトニンのレベルが減少するという仕組みになっています。これで眠気を抑え、目が覚めた状態に戻れるわけですね。

 

コメント欄にも「これは本当にいいプロジェクトだ!」と興奮の声が集まっています。「運転じゃなくて、退屈で寝てしまう授業のために使いたい」という面白いコメントも。

 

「もう2回も事故にあってるから、運転してて死なないようにと、あとクビにならないようにこれを使うよ」と仕事で運転をしていると思われるユーザーからも期待が集まっているようです。

 

そんな「STEER」はひとつ約13000円、日本への発送料は約1300円です。発送は今年の11月を予定しているとのこと。これで命が助かるかと思うと安いものですよね。

 

よそ見運転をしないでiPhoneの確認ができる「CarOS®」

20170801_kondo1

事故の原因になるのは居眠りだけではありません。近年問題になっているのが、スマホをいじりながらのよそ見運転が原因の事故です。いまや音楽にナビ、ラジオ、交通情報と運転中に必要なものもすべてスマホが引き継いでしまっているだけに余計に難しい問題です。

 

AppleがiPhoneと連携できるダッシュボード「CarPlay」を開発したのも、そういった背景があるのでしょう。大きなアイコンを配したiPhoneシステムをカーナビの位置に備え付けてしまうことで、運転に集中できるわけです。

 

運転をしながらiPhoneと同じように操作できるシステムで、ナビや音楽だけじゃなく通話やメッセージなども統合されている便利さで人気をジワジワと高めつつあります。

 

去年から一気に普及し始めた「CarPlay」、今では大手車メーカーで搭載しているモデルがないものはありません。そんな「CarPlay」を手持ちの車に、手持ちのiPhoneを使って導入できると謳うのが、Kickstarterでキャンペーン展開中のアプリ「CarOS®」です。

 

運転中もよそ見をせずに簡単に操作ができるようになっている、大きなアイコン。スピーカーの音量やスクリーンの明るさなどをパッと調節できるスマートなステータスバー。

 

20170801_kondo3

そして運転中はご覧の通り、地図、速度、などを同時に表示するドライビングモードも。WAZEが提供する交通情報のアラートも読み上げてくれます。

 

ダッシュボード上にホルダーを使ってマウントするだけで、自分の車に「CarPlay」のような便利さが導入できるのはありがたいですね。

 

20170801_kondo2

もちろん、iPhoneなのでダッシュボードカメラとしても使えます。緊急時にはエマージェンシー用のスクリーンがすぐに起動でき、自分の位置情報が表示され、その地域の緊急通報番号にワンクリックで電話することができます。この画面、大きな衝突で揺れた時にも起動するとのこと。

 

1年間のサブスクリプションが約1800円で購入できます。アプリの完成は、今年の10月を予定しているようです。「このプロダクト、絶対需要があるよ。ベータ版を楽しみにしてる!」とのコメントが書き込まれています。

 

自動運転の車がいつ実現するのか注目が集まっていますが、まだしばらくはこういうデバイスたちを活用して安全快適なドライブを実現したいですね。

【関連記事】
人気すぎて熱狂的ファンも! 歯磨きしながらメール確認できる「便利な鏡」が朝の習慣を変えそう
勝手にお金が貯まる人の“ちょっとした習慣”とは?
仕事は大好き! だけど生き甲斐にしてはいけない
仏大統領に学ぶ! いい男は“鞄”と“靴”にこだわるべし
夏休みの悩みのタネが楽しい思い出に変身! 『学研キッズネット』は自由研究の アイデアデータベースだ!

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN所属事務所、直井由文の不倫報道を謝罪「本人も心から反省」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです