携帯電話

圏外解消に本腰 上越、北陸新幹線で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
走行する北陸新幹線=後藤由耶撮影
走行する北陸新幹線=後藤由耶撮影

 全国の新幹線トンネル内で携帯電話が「圏外」となる問題を解消しようと、政府が本腰を入れ始めた。2017年度当初予算に、65億9000万円の関連予算を計上。4年前の5倍以上の予算額で20年の東京五輪・パラリンピックまでにすべての区間でつながるようにしたい考えだ。トンネルだらけで不通区間ばかりの上越、北陸新幹線でも、急速に解消へと向かいそうだ。【柳沢亮】

 上越新幹線の県内区間で18年度内に圏外が解消されるのは、越後湯沢(湯沢町)-上毛高原(群馬県みなかみ町)間の31キロ。同新幹線のトンネル区間は高崎(群馬県)-長岡間で107キロに及ぶが、群馬県側で進む整備分も合わせると、同年度内に半分以上の約62キロで解消される見込み。残るは越後湯沢-長岡の45キロのみとなる。北陸新幹線の県内区間でも、上越妙高(上越市)-黒部宇奈月温泉(富山県黒部市)間の27キ…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文888文字)

あわせて読みたい

注目の特集