メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人口「重心」は岐阜県関市 東京側へ移動中

 総務省は8日、2015年の国勢調査に基づいて計算した日本の「人口の重心」は、岐阜県関市だったと発表した。前回10年調査と比べ、関市内を南南東へ1.6キロ移動した。人口の重心は国民一人一人の体重が同じと仮定し、日本全体でバランスを保つことができる地点。首都圏への人口一極集中により、東京側に向かって移動を続けている。

     人口の重心は1965年時点で岐阜県美山町(現山県市)にあったが、ほぼ東南東へ動いてきた。移動距離は、高度経済成長で地方から人口流出が進んだ1965~70年の8.3キロが最長で、その後は1~3キロ程度で推移している。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 質問なるほドリ 「みちびき」にどんな期待?=回答・酒造唯
    2. 夏の高校野球 初回先制攻撃 花咲徳栄が2年ぶりベスト8
    3. ノーヘル運転 警官、制服姿で 通行人通報で発覚 大分
    4. WEB CARTOP 高速道路でシフトダウンのみの減速は危険なことも!
    5. 覚醒罪 スーツケース満杯18キロ 成田の旅客最多押収量

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]