メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改造内閣

副大臣・政務官人事 各派閥のバランス優先

 政府は7日の臨時閣議で、第3次安倍第3次改造内閣の副大臣・政務官人事を決定した。自民党岸田派を重視した閣僚人事と異なり、各派閥のバランスを優先した人事となった。

 安倍晋三首相は7日、首相官邸で開いた副大臣会議で「(政権交代した)5年前に国民に約束した時の強い使命感と緊張感を思い出し、しっかり結果を出す布陣だ」と強調。学校法人「加計(かけ)学園」の問題などを念頭に、「官僚との適切な信頼関係を築き、国政運営に当たっていただくようお願いする」とも語った。

 決定したのは副大臣25人、政務官27人。副外相には自衛隊出身の佐藤正久参院議員を起用、副文部科学相には自民党の丹羽秀樹衆院厚生労働委員長を再起用した。加計問題で混乱する文科省の立て直しを図る。副農相には首相に近い礒崎陽輔参院議員が留任し、7月に大枠合意した日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)などへの対応を急ぐ。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです