メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

QTnet社長

売上高670億円目標 22年3月期

QTnetの岩崎和人社長=福浅川大樹撮影

 九州電力傘下のQTnet(福岡市)の岩崎和人(かずと)社長は、2022年3月期の単独売上高について17年3月期実績比2割増の約670億円とする方針を明らかにした。需要拡大が見込める家庭向けの格安スマートフォン事業や法人向けのセキュリティー分野で顧客開拓を進める。同社は今年設立30周年を迎えたのを機に、家庭向け自社ブランドを更にアピールして顧客の認知度を高めることで業績拡大を図る。

 同社の格安スマホブランド「QTmobile(キューティーモバイル)」は今年3月、前身の「BBIQ(ビビック)スマホ」から名称変更し、福岡市に直営1号店を7月に開業した。岩崎社長は九州の格安スマホ市場について「100万台程度は更に増える余地がある」とみて、20年3月期に現状の約8割アップに当たる10万件以上の顧客獲得を目指す。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請へ 3月中旬まで2週間

  2. 北海道教委、全小中学校の休校要請へ

  3. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  4. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  5. 東京都教委が卒業式縮小 参列者減らし時間短縮 時差通学も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです