メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

会いたい・2017年夏/3 阿久悠さん 政治家の詭弁を嘆く

=石井諭撮影

阿久悠さん 作詞家(2007年死去、享年70)

 セミが鳴いている。朝からぱらついていた雨も昼には上がった。没後10年になる阿久悠さんの命日(8月1日)に東京・西麻布の長谷寺(ちょうこくじ)を訪ねた。お堂越しに六本木ヒルズが見える。同行願ったのは作家の三田完さん(61)。NHKの歌謡番組のディレクターを経て、15年にわたってヒットメーカーのそばで仕事をしてきた。阿久さんのブレーンだった。業界人というより、漂う雰囲気は長屋のご隠居さん。「セミの声を聞くと、阿久さんを思い出しますね。好きだった甲子園の季節ですし」

 とび色の阿久さんの墓石には「悠久」の2文字が刻まれている。菊の花が手向けられ、まだ線香の煙がのぼっ…

この記事は有料記事です。

残り2533文字(全文2839文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです