メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

バッティストーニ 奏でるのは世界観 映像演出でヴェルディ「オテロ」指揮

=佐々木順一撮影

 「イタリアオペラの申し子」と呼ばれる気鋭の指揮者アンドレア・バッティストーニが、東京でヴェルディの「オテロ」を振る。演奏会形式ながら、メディアアーティスト真鍋大度の映像演出によって「誰も見たことのない舞台になるはず。集中力の高い日本の奏者・聴衆と共に『驚き』を味わいたい」。初演から130周年を迎える「ヴェルディ・ドラマの集大成」に、30歳のマエストロが新たな命を吹き込もうとしている。

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1121文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  3. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに
  4. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]