メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

バッティストーニ 奏でるのは世界観 映像演出でヴェルディ「オテロ」指揮

=佐々木順一撮影

 「イタリアオペラの申し子」と呼ばれる気鋭の指揮者アンドレア・バッティストーニが、東京でヴェルディの「オテロ」を振る。演奏会形式ながら、メディアアーティスト真鍋大度の映像演出によって「誰も見たことのない舞台になるはず。集中力の高い日本の奏者・聴衆と共に『驚き』を味わいたい」。初演から130周年を迎える「ヴェルディ・ドラマの集大成」に、30歳のマエストロが新たな命を吹き込もうとしている。

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1121文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 日本橋 百貨店、新館・改装続々 外国人接客きめ細かく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです