特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第99回全国高校野球

平和にプレーが一番 戦時中「幻の甲子園」知る松商OB・宮坂真一さん(92) /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
甲子園への出発式で藤井大地主将(左)を励ます宮坂真一さん(右)=松本市県3の松商学園で
甲子園への出発式で藤井大地主将(左)を励ます宮坂真一さん(右)=松本市県3の松商学園で

 松商学園は9日に初戦の土浦日大(茨城)戦を迎える。松商学園の夏の甲子園出場を人一倍喜んでいるのが同校野球部OB会顧問の宮坂真一さん(92)=松本市城東3。戦時中の75年前に開かれた「幻の甲子園」にマネジャーとして参加した経験から「平和な時代にプレーできるのが一番」と後輩たちを見守る。9日も甲子園に応援に行く予定だ。

 宮坂さんが松本商(当時)の野球部員だったころ、監督は1~2週間に1度しか練習に来なかった。マネジャーの宮坂さんが監督に代わり、15人ほどの部員たちに練習内容などを指示していたという。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文739文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る