神戸製鋼

石炭火力発電、CO2対策に質疑集中 市の審査会 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 神戸製鋼所が発電規模130万キロワットの石炭火力発電所を神戸市灘区の神戸製鉄所に新設する計画を巡り、神戸市の環境影響評価審査会が8日開かれ、大量排出される二酸化炭素(CO2)対策に質疑が集中した。4日に開かれた兵庫県の審査会でも温暖化対策が中心に話し合われた。

 神戸製鉄所には既に140万キロワットの石炭火力発電所が稼働中で、既設・新設合わせたCO2排出量は…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

あわせて読みたい

注目の特集