メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと・民俗への招待

柳生で続く巨石信仰 /奈良

 県内には石仏や石塔など多くの石の工芸品が伝わるが、自然石にまつわる石の民俗も豊かに残っている。

 奈良市柳生は、木津川に合流する今川(打滝川)に沿う集落だが、下流の柳生下町の集落外れには、アタヤ(阿対)の石仏がある。川岸の巨岩に阿弥陀(あみだ)如来と地蔵菩薩(ぼさつ)が半肉彫りされており、阿弥陀如来は鎌倉末期とされ、流行病除(よ)け、地蔵尊は室町期の追刻とされ、豆腐を供えて子宝祈願をするという。

 上流の柳生町の柳生街道沿いの山道には、正長の土一揆(1428年)の徳政碑文で知られる疱瘡(ほうそう…

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文951文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです