メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

江崎沖縄・北方担当相

地位協定見直し一転、修正 政府方針通り

 江崎鉄磨沖縄・北方担当相は8日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に駐留する輸送機オスプレイの墜落事故を受け、「日米地位協定をもう少し見直さないと。直すところは直すという交渉に、といった気持ちを持っている」と述べた。政府が慎重な協定見直しに閣僚が言及するのは異例。江崎氏は同日、発言を事実上、修正した。5日には北方領土問題を巡って「答弁書を朗読させていただく」と述べたばかりだった。

 地位協定は外相の担当であり、江崎氏は会見で「私は門外漢だ」とも述べた。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 「容体は安定」症状あった帰国者5人の受け入れ病院が会見 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです