メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
長崎原爆の日

きょう 被爆苦難、自ら演じ 施設仲間と体験を劇に

劇を演じる本多シズ子さん(左から2人目)ら被爆者たち=長崎市三ツ山町の恵の丘長崎原爆ホームで、浅野翔太郎撮影

 長崎市三ツ山町にある被爆者専用の養護施設「恵(めぐみ)の丘長崎原爆ホーム」の入所者らが、孤児として育ち、被爆後も精いっぱい生きてきた一人の女性の人生を劇にし、施設を訪れる修学旅行生や地元の子どもたちに披露している。モデルは入所者の一人、本多シズ子さん(83)。原爆の恐ろしさを知ってもらおうと、本多さんを含む被爆者10人が施設の職員とともに熱演する。【浅野翔太郎】

 本多さんは1933年10月、長崎県南有馬町(現・南島原市)で生まれた。物心がついた時には、長崎市に…

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1190文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  3. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  4. 全日空機で揺れ 乗客1人骨折 乗務員ら3人けが 15日の羽田発北京行き

  5. 暑いですが、もうすぐ欲しくなるおでんがピンチです すり身世界的高騰

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです