メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どう変わる医療と介護

2018年度 同時報酬改定 遠隔診療で負担軽減 へき地以外も国が後押し

タブレット端末を使って、久保山医師の診察を受ける根本さん=茨城県つくば市内で

「スマホだけ」には懸念も

 タブレット端末など情報通信技術(ICT)を使って離れた場所から医師の診察を受けられる「遠隔診療」について、安倍晋三首相は今年4月の未来投資会議で、「対面診療と組み合わせれば効果的だ。次の診療報酬改定で評価する」と表明した。これまでも医師が常駐していない離島やへき地で利用されてきたが、改定を機に普及する可能性もある。【阿部亮介】

 「今のところ胸がドキドキすることはないです」。7月中旬、茨城県つくば市に住む根本時子さん(73)は…

この記事は有料記事です。

残り1395文字(全文1622文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです