メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ナンバー図案決定 多様性やスピード感表現

内田尚登さんがデザインした、東京五輪・パラリンピックを記念したナンバープレート=国土交通省で2017年8月8日午後2時22分、宮武祐希撮影

 国土交通省は8日、2020年東京五輪・パラリンピックを記念して公募した自動車のナンバープレートのデザインについて、東京都在住のデザイナー、内田尚登(なおと)さん(45)の作品を選んだと発表した。12色で人々の個性と多様性を表現し、光が集約する構図でスピード感を持って未来に向かうイメージが描かれている=写真・宮武祐希撮影。

 有識者らによる選考委員会は7月、応募96作品から5作品を最終候補とし、インターネットなどで意見募集…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです