メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

堺市長選 告示1カ月前 維新、自・民支援現職と再対決 都構想への流れ左右

百舌鳥・古市古墳群が世界遺産登録への推薦を報告する会で、隣に座った竹山修身堺市長(右)と松井一郎大阪府知事(左)=大阪府庁で2017年7月31日、小関勉撮影

 9月24日投開票の堺市長選の告示(同10日)まで1カ月に迫り、各党の動向が活発になってきた。国政で対決する自民、民進両党の府連は前回と同様に竹山修身市長(67)の支援を決め、共産党も自主的に応援する。元大阪府議の永藤英機氏(41)を擁立する大阪維新の会は、前回に続き敗れると「大阪都構想」実現への打撃になりかねず、巻き返しに躍起だ。

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. ジャパンライフ立件へ 被害2000億円、元会長ら詐欺容疑 警視庁

  4. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです