特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球

盛大付逆転で初戦突破 作新連覇の夢消える

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【作新学院-盛岡大付】盛岡大付の先発・平松=阪神甲子園球場で2017年8月9日、幾島健太郎撮影
【作新学院-盛岡大付】盛岡大付の先発・平松=阪神甲子園球場で2017年8月9日、幾島健太郎撮影

 第99回全国高校野球選手権大会は第2日の9日、1回戦4試合。第1試合は、昨年大会で優勝し連覇を狙う作新学院(栃木)と盛岡大付(岩手)の対戦。中盤に逆転した盛岡大付が作新学院に快勝、2回戦へ進出した。センバツ8強の盛岡大付は、昨夏の大会以降3季連続の初戦突破。

 〇盛岡大付(岩手)4-1作新学院(栃木)●(9日・甲子園、1回戦)

 盛岡大付が競り勝った。1点を追う二回に臼井の左前適時打で同点とし、五回は3連打を含む4長短打に暴投が絡んで3点を勝ち越した。平松は9与四死球と制球に苦しみながらも2安打に抑えて、1失点完投。作新学院は一回1死満塁から暴投で先制したものの、五回以降は無安打。九回2死満塁の好機も生かせなかった。

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文444文字)

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る