江崎沖縄相

地位協定見直し一転、修正 「政府方針通り」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
江崎鉄磨沖縄・北方担当相=首相官邸で、宮武祐希撮影
江崎鉄磨沖縄・北方担当相=首相官邸で、宮武祐希撮影

 江崎鉄磨沖縄・北方担当相は8日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の輸送機オスプレイの墜落事故を受け、「日米地位協定をもう少し見直さないと。直すところは直すという交渉に、といった気持ちを持っている」と述べた。政府が慎重な協定見直しに閣僚が言及するのは異例。江崎氏は同日、発言を事実上、修正した。

 政府はこれまで米兵らによる暴行事件などに対し、協定の運用改善や補足協定などで対応してきた。地位協定は外相の担当であり、江崎氏は会見で「私は門外漢だが、そういう(見直しの)気持ちを持っている」とも述べた。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文724文字)

あわせて読みたい

ニュース特集