メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米連邦高裁

実刑判決を破棄 米軍事会社のイラク「殺傷」

 【ワシントン会川晴之】ワシントンの米連邦控訴裁判所(高裁)は4日、2007年9月にバグダッドで市民31人を殺傷したとして、禁錮30年~終身刑を言い渡された米民間軍事会社の被告4人に対する地裁判決を破棄する判断を下した。裁判がやり直される。裁判長は「全体的に不公平がある」と判決理由を述べた。

 事件では、米大使館員を乗せた車両が攻撃を受けたのを機に、警護していた米民間軍事会社「ブラックウォーター」(名称は当時)の社員4人が反撃し、市民14人が死亡、17人が負傷した。丸腰の市民を無…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです