メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高松刑務所

50代男性受刑者が死亡 熱中症か

 高松刑務所(高松市)は8日、50代の男性受刑者が倒れて意識不明となり、病院で死亡したと発表した。外傷はなく、熱中症の疑いがあるとみて死因を調べている。

 6日午後6時20分ごろ、単独室にいた受刑者がうずくまっているのを巡回中の職員が発見した。受刑者は精神障害で投薬治療を受けていたが、他に持病はなかった。6日午後5時ごろに夕食を取り、約1時間後の職員の巡回でも異常は見られなかったという。

 単独室にエアコンはないが自由に飲める水道があり、廊下には扇風機を備えているという。6日の高松市の最高気温は37.1度だった。【山口桂子】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ イチロー、日本球界に復帰も 公式サイト伝える
  2. 強盗 見せるため現金2千万円所持 被害者が証言 名古屋
  3. 毎日芸術賞の人々 /6止 野村萬斎さん
  4. イチロー 便り待つ冬 日米の古巣2球団、獲得意欲に差
  5. ジェンダー差別発言 ワースト「子供4人以上産んだら…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]