メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

50代男性受刑者が死亡 熱中症か

 高松刑務所(高松市)は8日、50代の男性受刑者が倒れて意識不明となり、病院で死亡したと発表した。外傷はなく、熱中症の疑いがあるとみて死因を調べている。

 6日午後6時20分ごろ、単独室にいた受刑者がうずくまっているのを巡回中の職員が発見した。受刑者は精神障害で投薬治療を受けていたが、他に持病はなかった。6日午後5時ごろに夕食を取り、約1時間後の職員の巡回でも異常は見られなかったという。

 単独室にエアコンはないが自由に飲める水道があり、廊下には扇風機を備えているという。6日の高松市の最高気温は37.1度だった。【山口桂子】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 妻殺害容疑 75歳夫逮捕「病気で息子死亡」 三重・伊賀
  2. 認知症無理心中 老老介護の末 遺書に「じいじ、ごめん」
  3. 観光バス事故 3m下に横転、48人搬送 北海道・清水
  4. フィンランド 複数通行人刺され2人死亡 容疑者の男拘束
  5. 無理心中か 妻と息子の遺体、75歳夫逮捕へ 三重・伊賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]