長崎・中3いじめ自殺

町謝罪、4000万円支払い和解へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 長崎県新上五島町で2014年1月にいじめを受けて自殺した町立奈良尾中3年の松竹景虎(まつたけかげとら)さん(当時15歳)の両親が町と県に6253万円の損害賠償を求めて長崎地裁で係争中の訴訟が和解する見通しとなった。町議会が8日の臨時議会で両親との和解に関する町提出の議案を可決した。いじめが原因で自殺したことや教職員がいじめ防止措置を怠ったことなどを町側が認めた上で謝罪し、和解金4000万円を支払う内容で、両親も和解に応じる方針。

 町が設置した第三者委員会は昨年1月、松竹さんが同級生から「死ね」といった悪口を繰り返し言われるなどの過酷ないじめを受け続けたことが原因で自殺したとの報告書を町に提出し、両親が同8月に提訴した。町は松竹さんがいじめが原因で自殺したことや、教職員がいじめに気付かず安全配慮義務に違反したことを認め、地裁が和解勧告していた。

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文1051文字)

あわせて読みたい

注目の特集