メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎原爆の日

被爆者自ら「あの日」再現

劇を演じる本多シズ子さん(左から2人目)ら被爆者たち=長崎市三ツ山町の恵の丘長崎原爆ホームで、浅野翔太郎撮影

 長崎市三ツ山町にある被爆者専用の養護施設「恵(めぐみ)の丘長崎原爆ホーム」の入所者らが、孤児として育ち、被爆後も精いっぱい生きてきた一人の女性の人生を劇にし、施設を訪れる修学旅行生や地元の子どもたちに披露している。モデルは入所者の一人、本多シズ子さん(83)。原爆の恐ろしさを知ってもらおうと、本多さんを含む被爆者10人が施設の職員とともに熱演する。

 本多さんは1933年10月、長崎県南有馬町(現・南島原市)で生まれた。物心がついた時には、長崎市に…

この記事は有料記事です。

残り979文字(全文1205文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 原田前環境相 処理水海洋放出再び主張 政府小委を批判 AbemaTVで

  5. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです