メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南スーダンPKO

日報問題 防衛相再調査拒否 「再発防止、着実に」 閉会中審査

 衆院安全保障委員会は10日午前、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された部隊の日報問題に関する閉会中審査を行った。陸上自衛隊から稲田朋美元防衛相に日報データの存在を報告したかどうかについて、防衛監察本部の丸井博副監察監は「関係者の証言があやふやで発言が特定できなかった」と従来の説明を繰り返した。民進党は納得せず、防衛省に再調査を求めたが、小野寺五典防衛相は「監察本部が徹底的に調査した」と拒んだ。

 安保委の冒頭で小野寺氏は、日報問題について「防衛省・自衛隊の情報公開に対する姿勢に国民の疑念を抱かせた。再発防止策を着実に実施し、風通しのいい組織文化を醸成する」と陳謝した。

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです