メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

会いたい・2017年夏/4 米原万里さん そんたくなき毒舌貫く

1998年、須田慎太郎さん撮影(提供写真)

米原万里さん 作家・エッセイスト(2006年死去、享年56)

 真夏の太陽が照らす鎌倉の自宅は、あるじを失っても残っていた。ロシア語の通訳者として出発し、作家・エッセイストとして生涯を閉じた米原万里さん。自ら設計に携わったこの家で犬や猫と共に晩年の約5年半を過ごした。今は、近くに住む3歳下の妹、井上ユリさんが管理する。中を案内してもらうと、玄関の脇には可動式書庫。8000冊は入っていたらしい。2階の書斎は資料や辞書が360度手に届くようになっている。

 毒舌家として名高く、テレビの報道番組や雑誌のエッセーでは世の中でまかり通っている常識や、権力者をバ…

この記事は有料記事です。

残り2635文字(全文2911文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです