メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

会いたい・2017年夏/4 米原万里さん そんたくなき毒舌貫く

1998年、須田慎太郎さん撮影(提供写真)

 真夏の太陽が照らす鎌倉の自宅は、あるじを失っても残っていた。ロシア語の通訳者として出発し、作家・エッセイストとして生涯を閉じた米原万里さん。自ら設計に携わったこの家で犬や猫と共に晩年の約5年半を過ごした。今は、近くに住む3歳下の妹、井上ユリさんが管理する。中を案内してもらうと、玄関の脇には可動式書庫。8000冊は入っていたらしい。2階の書斎は資料や辞書が360度手に届くようになっている。

 毒舌家として名高く、テレビの報道番組や雑誌のエッセーでは世の中でまかり通っている常識や、権力者をバッサリ斬る。そんなイメージが強いが、井上さんは「子どもの頃の万里は寂しがり屋で少し臆病。堂々とした大人になったけれど、繊細さは生涯変わらなかった。それに万里は正義の人。おかしいことは黙って見過ごせない。自分の言ったり書いたりしたことで、人に何か言われることを覚悟していました。ぐっと力の入った人だった…

この記事は有料記事です。

残り2515文字(全文2911文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです