メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

会いたい・2017年夏/4 米原万里さん そんたくなき毒舌貫く

1998年、須田慎太郎さん撮影(提供写真)

米原万里さん 作家・エッセイスト(2006年死去、享年56)

 真夏の太陽が照らす鎌倉の自宅は、あるじを失っても残っていた。ロシア語の通訳者として出発し、作家・エッセイストとして生涯を閉じた米原万里さん。自ら設計に携わったこの家で犬や猫と共に晩年の約5年半を過ごした。今は、近くに住む3歳下の妹、井上ユリさんが管理する。中を案内してもらうと、玄関の脇には可動式書庫。8000冊は入っていたらしい。2階の書斎は資料や辞書が360度手に届くようになっている。

 毒舌家として名高く、テレビの報道番組や雑誌のエッセーでは世の中でまかり通っている常識や、権力者をバ…

この記事は有料記事です。

残り2635文字(全文2911文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・目黒の5歳虐待死 SOS届かず 「パパいらん」「パパがたたいた」訴えたが きょう起訴判断
  2. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  3. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
  4. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 14日
  5. 中国 パンダに虐待、鼻白く 飼育員処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]