メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・ライブ・レビュー

松居慶子 ピアノの響き極める

 中国人観光客の大型バスが大量に停車する銀座8丁目あたり。そのすぐ近くにヤマハホールがある。速射砲のような中国語会話の隙間(すきま)を抜けて、ヤマハ銀座ビルのホールに着くと、別世界である。たった333席のホールはアコースティック楽器専用で、特にヤマハ最高峰のピアノCFXが鳴ると、ホール全体の空気が響く。その美しさは別次元で「聴いている」というより「楽器の中にいる」感じがするほどである。この松居慶子のCFXを使ったソロコンサートは、松居の音楽性とホールと楽器が一体となり、一つの響きとして、別世界の至福を生み出した。

 松居は、世界屈指のスムーズジャズの鍵盤奏者・ピアニスト・作曲家である。例えば、チャック・ローブやデ…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文782文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  4. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  5. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです