連載

Topics

芸術、文化、芸能などカルチャー周辺のトピックスを紹介します。

連載一覧

Topics

小山ゆうな演出「チック」 能舞台も意識

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ドイツ演劇界の話題作「チック」(ヴォルフガング・ヘルンドルフ原作、ロベルト・コアル上演台本、小山ゆうな訳・演出)が13~27日、東京・三軒茶屋のシアタートラムで上演される。少年2人が夏休みに盗んだ車で旅をするロードムービー的な作品。小山は「今日本に漠然とした閉塞(へいそく)感があるなかで、劇場という空間で自由に想像できる作品をやることに意味があるのでは」と語る。

 退屈な学校生活に息苦しさを感じている14歳の少年マイク(篠山輝信)は、ロシア移民の転校生チック(柄本時生)に誘われ、盗んだ車で旅に出ることに。旅先で風変わりな女の子イザ(土井ケイト)らさまざまな人々と出会っていく。

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文708文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集