メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

伸び盛りサニブラウン 最年少決勝進出 男子200

救済措置を受け男子200メートル予選を単独で走るマクワラ=ロイター

 <2017 LONDON>

 【ロンドン新井隆一】陸上の世界選手権は第6日の9日、男子200メートル準決勝の2組でサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が20秒43(向かい風0・3メートル)の2着に食い込み、10日(日本時間11日朝)の決勝に進んだ。18歳5カ月での決勝進出はこの種目で史上最年少。2005年大会で18歳11カ月で決勝進出を果たしたウサイン・ボルト(ジャマイカ)の記録を塗り替えた。飯塚翔太(ミズノ)は20秒62(追い風2・1メートル)の1組5着で敗退した。

 女子400メートル決勝はフィリス・フランシス(米国)が49秒92で初優勝。アリソン・フェリックス(米国)が50秒08で銅メダルを獲得した。フェリックスは大会通算メダル獲得数を14個に伸ばし、ボルトとマーリーン・オッティに並び男女を通じて歴代トップタイになった。

この記事は有料記事です。

残り1569文字(全文1935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

  5. 首相、施政方針で低姿勢に終始 「世論に振り回されている」漂う手詰まり感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです