ボッチャ

特別支援学校教員に研修 「自分にもできる」伝えて リオパラリンピック銀・杉村選手が講師 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
杉村英孝選手(右)の実技指導を受ける参加者たち
杉村英孝選手(右)の実技指導を受ける参加者たち

 昨夏のリオデジャネイロパラリンピックのボッチャ日本代表団体戦銀メダリスト、杉村英孝選手(35)=伊東市=を講師に、特別支援学校の体育授業の充実を目的とした教職員向けの研修が県立中央特別支援学校(静岡市葵区)で行われた。杉村選手は同校卒業生。「自分たちにもできるスポーツがあると生徒たちに伝えてほしい」と語った。【早川夏穂】

 杉村選手が講師になったのは、県特別支援学校体育連盟が昨年から実施している指導力向上研修。今月3日に行われた研修には、県内の特別支援学校で体育指導に関わる教員など約50人が参加した。

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文744文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集