第99回全国高校野球

開星、きょう花咲徳栄戦 両監督に聞く /島根

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
健闘を誓い握手を交わす開星の山内弘和監督(左)と花咲徳栄の岩井隆監督=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で、中川友希撮影
健闘を誓い握手を交わす開星の山内弘和監督(左)と花咲徳栄の岩井隆監督=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で、中川友希撮影

 夏の甲子園で、島根代表の開星は第3日の第2試合(10日午前10時半開始予定)で、花咲徳栄(埼玉)との初戦に挑む。3年ぶり10回目の開星・山内弘和監督と、3年連続5回目の花咲徳栄・岩井隆監督に相手チームの印象や試合への意気込みなどを聞いた。【中川友希】

挑戦者の気持ち胸に 開星・山内監督

一瞬一瞬全力で戦う 花咲徳栄・岩井監督

 --相手の印象は。

 山内監督 3年連続出場し、3年生は3年間甲子園に来ているので、経験が豊富。投手は力のあるボールを投げる。打線も強力で、ここ最近良いチームをつくっている強豪校。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文802文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい