メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎原爆の日

祈る 小倉北・勝山公園慰霊碑 方角向き220人合掌 /福岡

原爆犠牲者慰霊平和祈念碑に手を合わせる中学生

原爆投下の日

 長崎への原爆投下から72年となった9日、小倉北区の勝山公園で平和祈念式典があった。3月に原爆犠牲者慰霊平和祈念碑が移設され、長崎の方角に向けて祈れるようになってから初めての式典で、被爆者や地元の中学生ら約220人が手を合わせた。

 1945年8月9日、原爆の第1目標は小倉市(現北九州市)だったが、視界不良のために第2目標の長崎に変更された。式典は北九州市原爆被害者の会が73年から開催し、2008年からは市も共催している。

 式典では投下時刻の午前11時2分に黙とうした後、出席者が献花した。小倉北区の思永中学校3年、松井晴香さん(15)は「原爆は北九州に投下されたかも知れなかった。平和を愛する気持ちを大切に守り、下級生に伝えていきたい」とメッセージを読み上げた。

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです