メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎原爆の日

「すべてが無くなる」 広島の被爆者、240人に語る 吉野ケ里町立三田川中学 /佐賀

学生の前で被爆体験を話す大石さん(右)

 長崎原爆の日の9日吉野ケ里町立三田川中学で町内に住む被爆者、大石依子さん(76)の講演があった。家族で住んでいた広島で被爆した大石さんが「一瞬ですべてが無くなる」と体験を語ると、生徒は原爆の悲惨さを感じ取っていた。

 講演は生徒会が企画し、全校生徒約240人が聞いた。大石さんは爆心地から約2キロの自宅で被爆した。晴れていた空が虹色に光った直後に爆風で飛ばされたが、家の下敷きは免れたという。同じように無事だった母親たちと歩いて逃げ、避難先ではけが人の傷跡にわいたウジ虫を…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです