メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎原爆の日

72年 核禁止不参加、批判 市長「政府理解できぬ」

 長崎への原爆投下から72年の「原爆の日」を迎えた9日、長崎市の平和公園で平和祈念式典が開かれた。田上富久市長は平和宣言で、7月に国連で採択された核兵器禁止条約を「被爆者が長年積み重ねてきた努力がようやく形になった」と評価した。日本政府に対しては「条約の交渉会議にさえ参加しない姿勢を被爆地は到底理解できない」と厳しく批判し、条約を批准するよう求めた。これに対し、安倍…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです