民進党代表選

組織、知名度両にらみ 地方、国会議員票半々

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 民進党は9日、代表選(21日告示、9月1日投開票)の有権者別ポイント数を発表した。党員・サポーターと地方議員の票(地方票)が全体に占める割合は約51%に上り、国会議員らの票とほぼ半々となった。地方票は知名度が大きく影響する一方、国会議員票は党内グループなど組織票が左右する。陣営は外向けのアピールと内向きの組織固めの両にらみで支持拡大を図っている。【真野敏幸】

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文973文字)

あわせて読みたい

注目の特集