メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパンディスプレイ

有機EL転換遅く サムスンに押され

記者会見で再建策を発表するジャパンディスプレイの東入来信博会長=東京都港区で9日、佐々木順一撮影

 「ラストチャンスだと思って構造改革をやり切りたい」。ジャパンディスプレイ(JDI)の東入来信博会長は9日の記者会見で、2012年の発足以来、初めてとなる抜本的な構造改革への決意を口にした。3期連続の最終(当期)赤字に加えて、頼みの液晶事業の不振を受け、現実を直視せざるを得なくなった形だ。

 今後、着手するのは、国内外の工場の統廃合や従業員の約3700人削減による組織のスリム化だ。これまでは、設立母体となった3社の中小型液晶事業の「寄り合い所帯」が続き、過剰投資の状態だった。東入来会長は「(工場の統廃合などは)設立当時にやるべきものだった」と反省を口にした。

 今回の改革により、年間固定費は約500億円削減できる見通し。しかし、市場には「国内工場の整理は今回…

この記事は有料記事です。

残り1637文字(全文1969文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  2. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法
  3. 西日本豪雨 親が片付け中に子供預かるボランティアも
  4. サッカー 柴崎岳選手が女優の真野恵里菜さんと結婚
  5. 民泊 解禁1カ月 京都市内、25件増の47件どまり 採算不透明、足踏み /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]