メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

刊行

戦争孤児、戦後も辛苦 「もしも魔法が使えたら、父母がいる普通の家庭を」 83歳、画文集に体験談11人

戦争孤児の体験画について語る星野光世さん=東京都荒川区で8日

 第二次世界大戦末期、米軍の空襲で両親らを失った戦争孤児11人の体験を描いた画文集「もしも魔法が使えたら」(講談社)が刊行された。長い間、身内にすら語れなかった経験が生々しく描かれている。1945年8月に戦闘が終わった後も、悲劇が続いていたことを伝える労作だ。【栗原俊雄】

 著者は星野光世さん(83)。大人でさえ生きていくのがやっとの戦中、敗戦直後の社会に、生活力に乏しい子どもたちが放り出された。「もらうか、拾うか、盗(と)って食うか」しかない生活を強いられた(神戸大空襲・山田清一郎さん)。「浮浪児」と呼ばれた子どもたちは警察などに拘束されおりに入れられた。

 親戚に引き取られても「親といっしょに死んでくれればよかった」と言われた女児(東京大空襲・吉田由美子…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原殺傷被告、起訴内容認める考え 法廷に立つことは「気まずい」

  2. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  3. ORICON NEWS 鈴木愛理、結婚で“同姓同名”の畠山愛理を祝福「なかなかない奇跡が嬉しい!」

  4. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです