メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
名王者が語る

山中慎介 日本記録の13連続防衛へ/下 パンチ力、勇気で開花 西岡利晃さん

後輩・山中の長所について語る西岡さん=望月亮一撮影

WBCスーパーバンタム級名誉王者・西岡利晃さん(41)

 --同じ帝拳ジムだった山中の印象は。

 ◆左のパンチ力は元々あったが、開花し切れていなかった。大阪で2010年6月に行われた安田幹男(六島)との日本バンタム級タイトルマッチでは、相手が弱っている時に倒し切れず「もったいない」と思いながら応援していた。判定になったら分からない。七回の前のインターバル中にコーナーで「もう倒せるから行け」と伝えた。山中はTKO勝ち。それがあったからというわけではないが、一戦ごとに自信をつけたのだろう。ここまでの選手になるとは思っていなかった。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文914文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです